【マタニティ】8年ぶりに二人目を授かることができました。

こんにちは。Higasanchiご訪問ありがとうございます。

久しぶりの、更新。

なんと昨年、2018年12月ぶりです。

 

息子が学校の帰り道、摘んできてくれたお花

 

じつはタイトルの通り、嬉しいことに二人目を授かることができ、ブログの更新が滞っていました^^

つわりが一人目のときよりも辛くて、日々の生活をすることがやっとの状態でした。

更新されてるかな?とたまに、見に来てくれている読者さんには申し訳ないです。

見に来てくれてありがとうございます♪

 

以前にも、さらっとブログに書いたことがあるのですが、ずっと二人目を望んでいました。

でも、なかなか授かることが出来ずに悩むこともありましたが、一人でも子供に恵まれたことに感謝しなければ!と長男との日々を大切にしながら少しずつ、できることを思いつめない程度にしていました。

 

病院で色々検査してもらい、不足している栄養もわかり、漢方や葉酸、ビタミンDのサプリを飲んだり^^

よもぎ蒸しやあったかい飲み物で体を温めることを意識。

そして、ようやく二人目を授かりました。

 

 

安定期には入っているもののまだ、妊婦生活を穏やかに楽しめるほどの体調ではないですが、少しずつ二人目を迎える準備や、長男との時間をできるだけ作るように頑張ろうと思います♪

 

今は、妊婦特有の全身湿疹と格闘中です^^;

かゆくてかゆくて眠れず、つわりと同じくらい辛いですが、授かることができただけもありがたいことですし、夫や長男が支えてくれているので、乗り越えなければ!!

 

スポンサーリンク

年齢差が離れている兄弟

 

毎年、二人目ができずにどんどん年の差が離れることに焦りがありました。

 

実際、長男がもう小学生なので、だいぶ年の差が離れてしまいます。

仲良くできるかな?一緒に遊ぶかな?とか心配事もありましたが、

つわりがひどいとき、心配して背中をさすってくれたり、お父さんに電話しようとしてくれたり、思い荷物を「ぼくがもつよ!」と言ってくれたり、おそうじやゴミ出しのお手伝いをしたり、優しく頼もしくなった息子の成長が見られて、涙がでそうな場面が何度もありました。

 

家具を移動して掃除機をかけてくれました

 

おなかに話しかけたりもして、赤ちゃんに会えるのが楽しみな様子。

余計な心配はなさそうです。

きっと、下の子に優しく、頼もしいお兄ちゃんになるだろうなと今の様子をみていて思いました。

 

 

色んな状況を息子に話せば理解ができる年齢なので、私の心に余裕も生まれ、

年の差兄弟も良いもんだなと感じたおはなしでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今日も良い一日を♪

 

 

0