【簡単で続く家計管理】1年で100万円たまってました☆Higasanchiのカレンダー家計簿

こんにちは♪Higasanchiご訪問ありがとうございます。

 

家計簿つけるのって面倒ですよね。

今回は、めんどくさがりな私でも、長く続いている、わが家の家計簿やお金管理の方法をご紹介します。

 

この方法を始めてから、気が付いたら100万円たまっていました。

わーお!

 

スポンサーリンク

はじめは試行錯誤

 

昔は、必要になるたびに口座からお金を降ろして使っていました。

大したものに使った覚えもないし、何にいくら使ったのかわからない状態で、いつの間にかお金が減っていくような状態です。

 

息子の誕生を機に、

この子のために有意義なお金の使い方がしたい!

このままじゃ、だめだ。と

 

子どものおかげで自覚が芽生えました^^

 

はじめは、

1か月分のレシートを月末に集計して、まっさらなノートに書いていく方法をとりました。

でも、1か月分のレシートの保管も、集計も、線を引いたりするのも、めちゃくちゃめんどくさい!!

 

線を引くのが面倒なので、今度は市販の家計簿を1年間試しました。

線を引かないで済む点がメリットでしたが、ノートが分厚く、使わないページもたくさんあり、扱いにくかったので、他の方法を考えました。

 

しかも、はじめにやってきた方法の一番の問題点は

月末集計だと、使い過ぎに気が付きにくい点でした。

月末に集計すると、使いすぎてることに気が付かないまま1か月が過ぎていることになります。

 

1年間のお金の流れを知るためには、決して無駄ではなかったとは思いますが。

試行錯誤があったおかげで、今がある!

 

3つを把握する家計管理【支出・予算・預金】

 

■【支出】薄型シンプルなマンスリー手帳に使ったお金をメモするだけ(家計簿)

■【予算】1か月のやりくり費(食費日用品など)をポケットファイル管理(袋分け)

■【預金】家計簿の余っているページに預金メモして、たまっていくのを実感

 

 

【はじめに】
1か月~1年の【支出】が把握できていないと、予算が組めないので、まずは簡単家計簿をつけることに慣れて、毎月、毎年の予算をだすと良いです。

【支出】マンスリー手帳に支出をメモするだけの家計簿

 

 

▲コクヨ、キャンパスのマンスリーノートを使ってます。薄くて無駄がない^^

 

 

▲お金を使った日に、カレンダーに金額を記入するだけ。レシートは記入後捨てる。

 

1週間ごとに、使ったやりくり費(食費日用品など)の合計金額を、週末覧に記入します。

そうすることで、ムダづかいに気づき、次の週に気を付けるようになります。

 

■カレンダー下のフリースペースには、特別費(ご祝儀とか)、カード払いなど何でもメモ。

 

■集計覧(ノートの左側フリースペース)には、

口座から引き落とされる固定費(家賃など)や流動費(光熱費など)の合計(口座引落)や、やりくり費の合計、総支出などを記入。

 

固定費、流動費(口座引落)は通帳をみればわかるので書いても、書かなくてもOKですが、

 

1年分を記入し終わると、前年度・前月と見比べやすいことと

書きながら家計への意識が高くなるので、私は毎回記入しています。

 

総支出(口座引落+特別費+やりくり費の合計)は記入したほうが良いです。

そして、最後に総収入-総支出もだして記入します。

 

キッチリ残高を合わせたり、繰越金がどうのこうのとか難しくしてしまうと、家計簿は続けにくいと思います。

 

スケジュールを書く感覚で、使った金額を書く。

カレンダーに使ったお金をメモするだけの方法なら簡単です。

 

使ったお金(支出)を把握できると、お金の良い使い方を意識するようになる効果があるので、まずはぜひ試してみてください♪

 

【予算】1か月のやりくり費をポケットファイル管理(袋分け)

 

【支出】マンスリーノートの簡単家計簿に慣れてきたら、必要な予算が見えてくると思います。

そしたら、予算管理もスタートさせましょう!

 

月のはじまりに、1か月分のやりくり費を一気におろします。

めったなことがない限り、お金を口座からおろすのはこの1回限りでやりくりを頑張ります。

 

☆いくらでも良いので先取り貯金を、貯金用の口座や袋分けファイルに移動もします。

 

ATMでおろす際、

万単位でおろすと袋分けしにくいので、

例えば、予算13万円おろす場合、

10万30千円

と入力しておろしています。

 

そうすると、1万円札10枚と千円札30枚がでてくるので、1万円に満たない費目があっても、袋分けしやすいですよ!

 

私は珍しいタイプなのかもしれませんが、今では見かけなくなった2千円札を好んでおろして使っています。

ガソリンを入れるときに、満タンではなく2千円分と決めているので、千円札を2回入れる手間がなく重宝しています。

 

沖縄のATMだけなのか?わかりませんが、

千円単位でおろす場合、2千円札でおろすか選択できるボタンがあります。

 

 

カード払いだと使いすぎたり、家計管理がめんどうになるので、現金払いが私は合っています。

大きな買い物の時だけ、カード払いにしています。

 

 

 

▼袋分けにはこのようなポケットファイルを使っています。

蛇腹ファイルも検討しましたが、ポケット数が足りず、ポケットファイルにしました。

 

 

▼おろした予算はポケットファイルに袋分けします。

 

【左】左のページに予算を入れて、

【右】うまく節約出来て、あまったら右ポケットにためています。

 

■例えば、電気代の場合。

1年間の電気代を12か月で割って、1か月あたりの予算を組みます。

 

季節によって、予算より電気代が多い月や少ない月があるので、

安く済んで余った月は右ポケットに移し、予算オーバーした月に右のお金を使うという方法にしています。

 

1年間トータルで見たときに予算オーバーしていなければOK。

 

■やりくり費(食費・日用品・外食など)は、1週間当たりの予算を決めて、

1週間ごとに予算ファイルから財布にお金を移動します。

 

1週間のやりくり費、節約がうまくいって余ったら、右ポケットに入れます。

 

右ポケットにたまったお金は、ご褒美につかってもいいし、赤字の時に使ってもOK。

 

1か月予算通りにうまくいかなくても、1年間で赤字がでなければOKと割り切ったほうが、

思いつめなくなります^^

 

もし、予算管理が上手になって、予算内で買い物ができるようになったら、家計簿をつけなくてもやっていけるような時がくるかも!

 

あ!でも、こどもが小さいうちは、ライフスタイルの変動が激しいので、家計簿つけていてください^^

結局、どっちだって突っ込まれそうですが、家計簿をつけ続けて、予算管理が上手になったらそんな未来がみえてくると期待を込めて♪

 

【預金】

 

家計簿の余っているページに預金リストを記入して、毎月お金がたまっていく様子が把握出来たらモチベーションも上がると思います。

支出にばっかり目が行っていたので、私も最近からしかはじめていませんが、続けていこうと思います。

記入の仕方は、エクセルで作った表を貼りつけ、そこに手書き記入したり、色々オリジナルでいいと思います。

 

まとめ

 

布団を押し入れにしまわないくらい、めんどくさがりな私が、もう何年も続いている家計簿。

つけるようになってから、家計に関して真剣に考えられるようになりました。

そして、お金もたまるようになりました。

 

お金を有意義なモノゴトに使うために、普段の支出を把握することは大切だと感じます。

【予算】の袋分けや、【預金】メモがハードル高くてめんどくさいな、という方はマンスリーカレンダーに【支出】を書くだけの家計簿のみでも良いのでお試しください^^

支出を知ると、ムダに気づき有意義なお金の使い方を意識できます。

 

 

キッチリしようとしなくていいです^^

私が紹介した家計簿に、味付けしたりもっと簡単にアレンジしたり。

長く、続けられる方法を取り入れて生活がうまくまわっていけば、良いと思います。

 

 

後日談として・・

最近、妊活など色々な理由で収入は減ったのに支出は増え、また貯金はスローペースになりそうです(笑)

でも、有意義なことにお金を使えているので良しとします。

わが家のカレンダー家計簿、これで完成形ではなくて、もっともっと楽にできる方法はないか?少しずつ少しずつこれからも、進化して続けていくと思います。

 

時とともに、色々変動はありますが、お互いがんばりましょう^^

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今日も良い一日を♪

 

【記録ノート】シンプルに記録をのこす、私の記録簿(マイブック)

 

0